タコ焼きにウズラの卵を入れた話

家族(父と私のみ)でたこ焼きを作った。

具はタコの他にチーズ、ウインナー、エビそしてウズラの卵を入れた。

チーズ美味しいなぁとか思ってたらウズラの卵入り(タコ)焼きが爆発した。

詳細を書くと、

私がそろそろ焼けたかなと思ってたこ焼き器に手を伸ばしウズラの卵入り(タコ)焼きを竹串で突いた瞬間それは爆発した。

卵はバプッと悲鳴を上げて白身は裂け、飛び出た黄身は向かいに座る父親の頰にへばり付いた。

瞬時に「うわぁっ」と叫んで黄身の付いた頰を触る父。

私は笑った。

すっごい元気に黄身が飛び出す姿を初めて見たからである。

まさに「オギャー!」って感じだった。

 

以前友人とたこ焼きパーティーをする際、具材を何にするか調べたことがある。

その時「たこ焼きにウズラの卵を入れても大丈夫ですか?」というヤフー知恵袋の質問が検索に引っかかった。

回答は「爆発する可能性がある」だった。

回答者のウズラの卵は天井まで飛んでいったらしい。

その時は友人とその様を想像して「ヤバイー天井だってー」と爆笑してウズラの卵は使わなかった。

先人に学んだのである。

 

そして今、父がウズラの卵を持ってきたその瞬間、その時のことがふわふわ蘇って嫌な予感がした。

だけど「ヤバイー天井だってー」まで思い出してちょっと見てみたいと思った。

思った途端にこれである。

バプッである。

コンパクトに鳴いて人を目掛けて飛んで行ったフェイスハガーを彷彿とさせるウズラの卵の現実と、天井まで飛んで行ったウズラの卵の想像が混ざって混乱した脳は私に「とりあえず笑え!!」と信号を送っていた。

私は親の前では爆笑しない。せいぜい「ふふっ」とかそのレベル。ちびまる子ちゃんの野口さんの笑いレベル。

なのでにやけた顔を誤魔化そうとコップを手に取り水を飲んだが「バプッ」がフラッシュバックしてむせた。

「んぶっふ!」っつってむせた。

父は恨めしそうに私を見ていた。

多分天井まで飛んで行ったら誤魔化さずヒーヒー言って笑ってたと思う。

 

ちなみにウズラの卵入り(タコ)焼きは美味しかった。