仲良くなると呼び捨てできず名前を呼ばなくなる現象

タイトル通りの話。

〇〇ちゃん、〇〇さん、〇〇くんみたいな敬称を付けて呼んでいる子は普通に呼べる。

でも呼び捨てで呼んでいた子と次第に仲良くなると相手の名前を呼ぶのを避けるようになる。

なぜか仲良くなると呼び捨て呼んでいた名を呼べず、名前を言ってはならないあの人的な感じになってしまう。

個人的に物凄いバグ。はよアップデートしたいのにね。

 

以前敬称のないあだ名で呼んでいた子がいた。「〇〇っち」的なやつ。

最初の頃は「〇〇っち〜、昨日ねー」みたいな感じで普通に呼べていたが、その子と仲良くなるにつれて私はその子のあだ名を呼ばなくなった。

「ねえねえ!」みたいな呼びかけでどうにかやり過ごしていた。(現在進行形だが)

他にも名前を呼び捨てで呼んできた10年来の付き合いの友人がいたが5年目あたりでそれを避け家庭内別居中の熟年夫婦みたいな域に達している。

相手には名前を呼んでないことを悟られないよう口頭に「そっち」とか使い出し名前を呼ばないように当人の話題すら避け出す始末となった。

 

仲良くなる前まで苗字を呼び捨てにしている友人がいた。今はとても仲良くしているししてもらってもいるのだが無論その子に対しての呼びかけもいつしか「ねえ」に変わった。

その子は最近結婚して苗字が変わり、これはチャンスと思い「◻︎◻︎(結婚後の苗字)さん」と呼ぼうと決心した。

結局、切り替えて呼べず、彼女の固有名詞の一切を呼ぶ事なく時が過ぎ去った。

時が未来に進むと誰が決めたんだってくらい私のお口は取り残されていた。

 

なんでだろう。なんで呼べないんだろう。

なんで仲良くなると急に呼べなくなるんだろう。

多分世の中が「25番!」とか「68番!」とか番号で呼び合う世界になっても頭の中は呼び捨てだと認識して呼べなくなっちゃうのかな〜。