今更だけど語ろうクロックタワー2の扉を開けたら崖のとこ

ホラーゲームの金字塔クロックタワー

その続編クロックタワー2。

この作品は馬鹿でかいハサミを持ち歩き主人公を追い回すシザーマンから逃げるゲームです。

そして逃れる為の回避ポイントも多く存在しています。 

その一つが扉を開けたら崖という回避ポイントです。

この回避ポイントについてお話したいと思います。

 

 

その前にクロックタワーのお話から始めますが

まず一作目のざっくりとした粗筋としましては

主人公ジェニファーを含めた4人の孤児院育ちの少女達。

山奥に佇む古びた屋敷バロウズ邸の主人バロウズに引き取られることになった彼女達は

教師メアリーと共に屋敷へ赴くが、そこへ巨大なハサミを持つシザーマンの魔の手が忍び寄るのであった。

ってな感じで基本逃げ回るスリラー的なホラーゲームなんですね。

で、その1年後を舞台とした続編クロックタワー

シザーマンと黒幕であるメアリー先生を倒し無事バロウズ邸から生き延びたジェニファー。

1年後、世間を震撼させたこのクロックタワー事件で

一躍有名となった彼女のもとに倒したはずのシザーマンが現れ…!?

大体こんな感じで、ジェニファーと彼女の保護者で三十路の犯罪心理学者の女性ヘレン

この両者を操作しシザーマンから逃げつつ彼のルーツ探ったり謎を解いたりしながらゲームを進めます。

 

f:id:gakukansetusyou:20170817233545j:image

一作目でのジェニファーです。
井川遥みたいな感じです。

f:id:gakukansetusyou:20170817233806j:image

井川遥と仲間達。

どの子が生き残るかはプレイヤー次第です。

が、2でこの子らは出てこないんで全滅した模様です。

  

f:id:gakukansetusyou:20170817235118j:image

二作目のジェニファーです。

1年で井川遥から平野ノラになってしまいました。

しかも一作目はリアル目なドット絵ですが、二作目ではフルポリゴンという進化も見る事が出来ます。

 

そして、ここからが本題です。 

ジェニファー、ヘレンその他諸々の面々はシザーマンのルーツであるバロウズ城に辿り着きます。

f:id:gakukansetusyou:20170819171711j:image

問題の回避ポイントのあるバロウズ城です。

回避ポイントといえば、前作ではベッドの下や納屋に隠れたりとか

殺虫剤ぶん投げたり本棚倒して撃退とかありましたけど

クロックタワー2も負けてませんしパワーアップしてます。

まず今作の回避ポイントは無限回避できる場所と1度きりしか使えない場所があります。

シザーマンも経験から学ぶ男ですので、例えばド定番ですが追われてクローゼットに隠れますよね。

1度はやり過ごす事が出来ますが、2度目に同じ場所に隠れると

クローゼットの上から鋏ブッ刺してきて小躍りするんです。

 

ですが今回取り上げました問題の回避ポイントは無限回避できる場所なのです。

場所はバロウズ城1階、吹き抜けの広間の左下の扉に入り

ずっとまっすぐ左へ進んでいくと扉があります。これです。

 

シザーマンから追われ、扉を開けたら断崖絶壁。

回避ボタン連打でジェニファー(若しくはヘレン)はドアノブに掴まり難を逃れますが、

追ってきたシザーマンは勢い余って崖から落ちて海に流されるっていう回避ポイントです。

f:id:gakukansetusyou:20170819030232g:plain

波に飲まれたシザーマンはその後も城に戻っては流されの無間地獄を味わうのです。

当時はこの回避ポイントが無限に使えるなんて知りませんでしたし

いや待て何だよこの場所は、と疑問しかないわけです。

計何回落としたかさえ憶えておりませんが、

1度目は「何この場所…あっ回避ボタン回避ボタン!…えぇ!?」とシザーマンが池ポチャするところを見て

驚きもしましたけど、まあ逃げきれてよかったと安堵の気持ちでいっぱいでした。

その後何事もなく彼が登場して「ああ~良かった」と思いつつ火かき棒だかで頭ぶん殴った記憶があります。

 

2度目は近くに回避ポイントが無いと思い、追い詰められた結果一か八かでまたこの場所に飛び込んだんです。

いや流石に無理でしょと思いました。クローゼットの件がありましたから。

早めの回避ボタン連打でドアノブに掴まりました。

0.5秒程してシザーマンがやってきて、落ちました。

「いや、何で?」

山田勝己が1stで敗退するのを見たのと同じ気持ちでした。

あんだけ分かってたはずなのに…。

バロウズ城なんかいわば緑山スタジオなわけですよ?自分のホームみたいなもんでしょ?

2度目のクローゼットは見破ったくせになぜこれは分からんのだ?

釈然としないまま、3度目。

3度目の正直というか仏の顔も三度までというか、もう彼と出会った瞬間迷わずにこの場所を目指しました。

今思えば私は彼を試したんです。

彼と私が対峙した場所から例の扉は結構距離があるのでお互いの体力を心配しながらも

彼…ついて来てくれてるかな…と背後を気にしてあの場所へ向かったんです。

結果としては、ついてくるどころか私を追い越して海に飛び込んでました。

置かれた状況さえ変わればちょっとした青春映画のワンシーンみたいな感じですよ。

で、また何食わぬ顔でお城の中で私と追いかけっこを繰り広げるんです。

 

ここまで来たら引き下がれません。

あっシザーマンだ…扉を開けたら崖のとこにいかないと…ってパブロフの犬状態です。

まぁシザーマンには悪いなと思いますよ。

でもね、彼も何度でも何度でも立ち上がってくるんでね。

その姿まるでロッキーバルボアなんですよ。

何度殴られようとも引退してレストラン経営しようとも再びリングに舞い戻る漢、そんな気概を今作のシザーマンから感じたんです。

バロウズ城1階西のあの場所は彼と私のリングなんです。

 

しかしゲームの終盤でシザーマンの正体が分かった瞬間ハンパじゃない罪悪感が生まれます。

シザーマンの正体は10歳の子供だったんです。

エドワードっていうジェニファーと一緒にバロウズ邸から救出された少年です。

f:id:gakukansetusyou:20170818194117j:image

足のとこの切り抜き漏れがあるエドワード少年。

ジェニファーと一緒に救出されたってとこでまあ怪しさプンプンなんですが

実はこのエドワード少年は前作のシザーマンであるボビィ・バロウズの双子の兄ダン・バロウズだったんです。

そりゃ前作も9歳の少年から逃げる話でしたけど回避のエグみが1年でマシマシになってる上に、

ご家族もジェニファーに殺されたようなものですから同情しますよ。

しかも最後ジェニファーがンハイシュっつー呪文唱えて

エドワードことダン・バロウズエイリアン4みたく亜空間に吸い込まれて消えました。

謝る暇なんてなかったです。

崖から何回も落としてごめんねって謝れなかったです。

 

皆さん、誰かに言いたい事を言えずそのまま疎遠になってしまったって経験…ありますか?

なんか意地張っちゃってそのあともっと言い出しにくくなっちゃうんですよね。

でも、今なら言えるなって時に素直に、正直な言葉で伝えるって大事だと思うんです。

そんな事をこの扉を開けたら崖のとこで学びました。

f:id:gakukansetusyou:20170819030232g:plain

この回避ポイントおすすめです。皆さんも是非。